太田浩美の笑顔ブログ

あがり症克服TV「りんちゃんの魔法をかけちゃうぞ」

笑顔の話し方講師 太田浩美です。

インターネットで番組が配信される
「やいづTV」に出演させていただきました。

番組パーソナリティは、私の講座の受講生!
「人前で話すのに緊張する」とおっしゃって
3ヶ月の講座を受けてくれた「りんちゃん」です。

「りんちゃん」は緊張を克服して
見事にテレビ番組のパーソナリティに!
そして、第1回目の放送に、私をゲストとして招いてくれたのです。

人前でも自分らしく話したい…と言う
彼女の努力は素晴らしいです!

そして、「私の講座もすごいなぁ~」と悦に入っているところです。

番組をご覧になってくださいね。

この番組は、ゲストが自身のビジネスの紹介をするものです。

私も、デザイナーの夫に「フリップ」を作ってもらい
番組に備えました。

そして、もうひとつ備えたのが
「進行表」です。

番組は30分。その間にパーソナリティの方とトークをして
時には周りで見ているギャラリーとも会話しながら
自分の話したいことを伝えなくてはいけません。

アドリブで話すことも必要になるし
テレビにどう映っているか…を考えて
モニターもチラチラ見たりします。

セミナーや講話でお話をする時よりも
話す事以外に気を配る必要があります。

前回、人前で話す時に大切なコトは
準備すること。と書きました。

今回、テレビで話す時も、準備はとても大切でした。

パーソナリティの「りんちゃん」とは
事前に打ち合わせをしました。

その時には
「その場の雰囲気でお話しましょう」と
ザックリとした打ち合わせしかしなかったのですが

テレビでお話するのは私も初めてのこと。
もしかしたら、いつもの自分のペースで話せないかもしれない
アドリブも飛び出すだろうし、
話が思いがけない方向に行くかもしれない
と、様々な考えが頭をよぎります。

だったら…!

と言うわけで、とても簡単なものですが
「進行表」を作りました。

お話したいことや 伝えたいキーワードを
書き出して、伝える順番を作ります。

そうして書いていくと

「ここで、こんな風に話を振ってもらおう」と言う
アイデアも浮かんできます。

かっちりとした進行でなくても
方向性、「話しの道すじ」を作って持っていると
とんでもない方向に話がすすむことはありません。

テレビの冒頭の「ウグイス嬢」の話は
想定外だったのですが、
そこから 彼女が私の講座に来てくれることになった
きっかけの話へとつなげることができました。

生放送なので時間配分も気になるところ。

時間があったら朗読する
という「遊び」も盛り込んでおきました。

そして大事なのが「どう結ぶか」です。

講話でもスピーチでも「結び」は本当に重要です。
「終わり良ければすべて良し」

私は最後に「これからどんな取り組みをしたいか」という
話をして、結ぼうと考えていました。

事前に「りんちゃん」に進行表を渡してあったので
良いタイミングで質問を投げかけてくれました。

おかげさまで、初のテレビ出演は無事に
そして、皆さんに好評をいただき務められました。

人前で話す時には準備が8割とも言われます。

進行を作る、原稿を作る…時にはパワーポイントや配布資料を用意する

準備の仕方はそれぞれですが、念入りに準備して
力まずに行う。
これからも心掛けていきます。

準備の仕方がわかない。
準備しても不安…。

原稿を読むのと、見ながら話すのと違いがわからない。

そんな方はマンツーマンでご相談を承りますよ。
多くの方が、マンツーマンレッスンを受講して
成功しています!

マンツーマンレッスンの詳細は下記ページからどうぞ!

個別指導:マンツーマンレッスン

 

関連記事

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

これまでのブログ

PAGE TOP