太田浩美の笑顔ブログ

敬語を多く使うと人生が豊かになる!

人生が好転する話し方レッスン
笑顔の話し方講師 太田浩美です。

「大人だったら押さえておきたい敬語レッスン」
人気講座になってきました。

「敬語」を使わなくちゃいけないのはわかるけど
どの程度使ったら良いのかな?

「間違った敬語」でもなんとなく伝われば良いんじゃない?

敬語を学ぶにあたり様々な考えがあると思います。

この講座を受講してくださる方の中には
このような動機で来て下さる方も。

「仕事のキャリアを積み上げてきたので
社内でも社外でも正しく綺麗な言葉を使いたい」

「年下の社員さんに、さりげなく敬語を教えてあげたり、
 お手本になりたい」

学ぶと気づく「自分の間違い」

 

そして講座を学ぶと、多くの方がこうおっしゃいます。

「今まで間違った使い方していました。
 誰も指摘しないし、間違っているとは思わなかったです」

当たり前のように使っている言葉が
実は間違っている…ということはよくあります。

もしかしたら「お客様」も気づいていないかもしれない。

気づかなかったらそれでよいのでしょうか?
そうではない…と思います。

おそらく、学びに来て下さる方々は
「相手が気づかなくても、正しい敬語を使いたい」
そう思っていらっしゃるでしょう。
だからこそ、時間を割いて学んでくださるのでしょう。

敬語は誰のために使うの?

そもそも「敬語」はその文字が表すとおり
「敬意を表す言語表現」です。

敬意とは、「尊敬する気持ち」
私は、相手に対する「思いやり」も含まれると思っています。

 

だからこそ、「形」だけで「敬語」を使うのではなく
「尊敬する気持ち」や「思いやりの気持ち」をもって
「敬語」を正しく使うことで
その気持ちが相手にきちんと伝わる。

私はいつもそう思って
親しい人にも敬語を使ったり
家の中でも敬語を使ったりします。

尊敬の対象が多いほど、

教えてもらう事が増える。

だから人生が豊かになる
そう思っているからです!

敬語レッスンの結びに
この言葉を贈っています。

言葉は
心が形になったもの

言葉を磨くことは
   心を磨くこと

美しい花を見て
美しいと思える心が美しい

それが言葉の原点

「貧しい言葉」
  ではなく
「豊かな言葉」を
 使っていきましょう

大人のための敬語レッスン

関連記事

PAGE TOP