太田浩美の笑顔ブログ

「自信のない話し方」になってしまう理由とは

人生が好転する話し方レッスン
笑顔の話し方講師 太田浩美です。

先日は自宅から車で1時間30分ほどかかる「豊田市中央倫理法人会」に出向き
心の在り方を学んできました。
モーニングセミナーは朝6時スタートなんですよ。
しっかり早起きして、「心の在り方」を学んできました。

「心の在り方」を学ぶのは自分のためですが
「人前で上手く話せない」と言う方へのアドバイスにも役立たせています。

「人前で上手く話せない」と言う方は、ほとんどの方が
「心の在り方」つまり「マインド」が正しい方向を向いていない場合が多いのです。

「話し方」は「技術」です。練習すれば上達します。
けれども、「マインド」が間違った方向を向いたまま練習しても成果はあがりません。

そこで、「マインド」を整える事が必要になってきます。

Mさんの例

Mさんは、会社の昇進試験の面接を控えています。
マンツーマンレッスンにお越しくださったので
近況や、試験の内容・取り組みなどをお聞きすると
とてもハキハキと答えて教えてくださいました。

すでに「筆記試験」は合格していて
「面接」では、知識などより「人柄」が重視されるようだという事なども
話してくださいました。

ご主人を試験官に見立てて、お家でも練習をしてるそうです。

そんなMさんと面接のシミュレーション!
私が試験官役をしてMさんに自己PRや、仕事に対する思いをお話していただきました。

Mさんが話す様子を見て、私は違和感を抱きました。

さっきまで、イキイキと仕事や面接について話してくれていたMさんとは
まるで別人のように小さな声で、言葉を探しながら
「自信がなさそう」に話をするのです。

そのことをMさんに告げると彼女は堰を切ったようにこう言いました。

Mさんの「原因」と「対処」

「そうなんです。実は私、自信がないんです。
 なぜ上司が私なんかに昇進試験を勧めて推薦してくれたのか…
 私なんかより、ずっと仕事のできる人がたくさんいます。
 筆記試験に合格した人の顔ぶれを見ても
 みんな…
 私なんかよりずっと仕事のできる人ばかりで…
 こんな人たちと同じ試験を…私なんかが受けるのは…」

と、彼女の口からは「私なんか…」が何度も出てきます。

「自信がなさそうな話し方」は、彼女のマインドが作り出していたのです。

私は、このようにMさんにお話しました。

Mさんは、上司から推薦されたんですよね。
上司はちゃんとMさんのお仕事ぶりを見てくれていたんです。
筆記試験に合格した人の顔ぶれがすごい人ばかりなら、
Мさんは、そのすごい人たちの仲間入りができたんですよ!

Mさんの顔がパァッと明るくなりました。

「周りの人からは『今までやってきたことを話せば良いんだよ』って言われるんです。
 私、今までやってきたことを正直に誠実に話せば良いんですね」

Mさん、その通りです!

謙虚さは美点。でも…

Mさんは、とても謙虚な点が長所です。
けれども、謙虚は他人にだけにしましょう。

自分に対して謙虚すぎる必要はないんです。
自分への謙虚は自己否定にもつながってしまうからです。

今までやってきた成果に自信をもって
昇進試験に推薦してくれた上司を信じて
自分自身を信じて取り組みましょう。

ほら、話し方もさっきと全然違って
明るく、頼もしくなってきましたよ!

悩みが解消できるマンツーマンレッスン

話し方の悩みは「マインド」の部分が大きいものです。
人それぞれだからこそ「マンツーマンレッスン」が効果的。

特別マンツーマンレッスンでお試しして
そのあとは、継続レッスンをして苦手を克服しましょう!

新春特別マンツーマンレッスンは1月31日お申込み分まで。

詳しくは画像をクリックしてくださいね★

関連記事

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

これまでのブログ

PAGE TOP