太田浩美の笑顔ブログ

電話で気づいたコミュニケーションの極意!

笑顔の話し方講師 太田浩美です。

◆最高の電話対応

 

今年の秋に、母校の中学校で授業の講師をします。

 

嬉しいことに、一昨年から毎年
お世話役の方を通じて
中学校から直接依頼をされています。

先日、この講師の件で
中学校の担当の先生からお電話をいただきました。

この担当の先生のお電話での対応は
とても素晴らしいものでした。

 

◆どの辺りが最高だったのか

 

電話でお話したのは
・当日 準備をお願いする物品
・講話する内容について
・なぜ、その話をしようと思ったのか

と言うような簡単な打ち合わせでしたが
とても気持ちよく話をすることができました。

なぜ、私は気持ちよく話ができたかと言うと

コミュニケーションがうまくできたからです。

 

◆具体例を挙げてみましょう

 

具体的に言うと担当の先生が

・大きなリアクションをしてくれたから
・自分のことは一切話さず「聞き役」に徹してくれたから
・私のことを承認してくれたから

この3つの事柄を徹底してくださったから
私は気持ちよく話ができたのです。

 

 

◆詳しい解説

話をしている時に、相手が大きく頷いてくれたり
「へぇ~!」「そうなんだ~!」と
リアクションをしてくれると話しやすいですよね。

電話の場合は、相手の表情や頷きが見えないので
声のトーンや大きさで
相手にわかるリアクションをするのが大切です。

そして、聞き役に徹して相手が話したいことを
最後まで話してもらうのも大事。
私たちはついつい、自分の話もしてしまうものです。

「あ、それ知っています!
 私もこの前……」と自分の話を始めてしまうと
相手の話はそれ以上すすめることができなくなってしまいます。
「話の腰を折られる…」という状態ですね。
この状態にならないよう、
相手の話をきちんと「聴く」
これはコミュニケーションには とても大切です。

そして相手を承認する。
「認めてもらっている」と相手が感じることで信頼も築けるものです。

私は、こちらの先生とお話して
当日がとても楽しみになりました。

 

◆若い人は電話が苦手?

今年新入社員研修を何社も担当させていただいた際
「電話応対が苦手」とおっしゃる方が多いのが気になりました。

近年の携帯電話の普及で
「電話」の在り方が変わっています。

会ったことのない人と
電話で話したことがない…

一般電話(携帯電話ではない電話)を使ったことがない…

多くの新入社員の方が、電話対応で困っているとも聞きます。

学生時代から、
電話対応についてのマナーの知識をもち
実践を心がけるだけで
社会人となってからのスタートが優位になります。

◆夏休みは苦手克服のチャンス!

夏休みを使って
社会人のマナーを学び
話し方のレッスンをしましょう!

学生さん限定のマンツーマンレッスン
受講生募集中です。

関連記事

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

これまでのブログ

PAGE TOP