太田浩美の笑顔ブログ

表情を意識して良いコミュニケーション

NHK文化センターの「話し方教室」で講師をしています。

今期は初めて男性の受講者さんがいらっしゃいます。
しかも数名!

この日のレッスン内容は「話す時の表情」

他人の表情って気になりませんんか。

話を聞いてもらっている時に
相手の眉がピクッと動いたりしたら
「あ、まずい事を言ったかな?」とか

相手がつまらなそうな顔をしていると
「あ、この話 面白くなかったかなー」とか

私たちは無意識に

相手の表情で、相手の気持ちを
読み取ろうとしているのです。

では、
皆さんは「今、自分がどんな表情をしているか」って
意識していますか?

話す時、聴く時、どんな顔をしているでしょう。

コレ、意外に気にしていない人が多いものです。

人の表情は、無意識では「無表情」

「無表情」って他人から見ると

「怒ってる??」
「え?不機嫌??」という怖いイメージになっていることが多いものです。

今日の受講生さん達 特に男性陣は
日ごろ、ご自身の表情を意識することが少ないとおっしゃいました。

男性は女性に比べて
「鏡を見る」という行動が少ないので
余計に表情や顔に意識がいかないのかもしれません。

だからこそ、
表情が豊かで明るい男性は

好かれます!

明るい表情、笑顔こそが
他人を承認して、他人を受け入れている表情です。

だからこそ、笑顔になっていると
「感じいいなぁ」と思われるようになります。

受講者さんの中に
「仕事で小さな子どもさんと話す機会がある」という方がいらっしゃいました

「先日も、普通に話していたのに子どもさんが泣いちゃったんです
 なんか怖がらせたみたいで…」
と、言うんです。

その方のお話の口調は柔らかく、お顔もイケメンで(?)
決して怖い感じはない…と思うのですが

少し笑顔が固い…かな?
子どもは、大人の表情に敏感なので
大人よりも、「怖い」「嫌い」と感じる力が強いものです。
それで、ちょっと怖いだけで泣いてしまったのかもしれません。

講座の中で、「笑顔トレーニング」をしてみると
やはり、その男性は「表情筋」が硬くなっているようでした。

表情筋が硬いと、表情も硬くなります
ぜひ、表情筋を柔らかくして
柔らかな表情を作っていただきたいです。

写真は、自撮りで「自分の表情チェック」しているところ。

スマホの「自撮り機能」は使えますよー!

男性もドンドン使って自分の表情をチェックして頂きたい!

講座の結びに、お話している姿を録画しました。
なかなか自分の話している姿を客観視する機会は少ないので
スマホで録画して、自分の姿を見る。
これ、大事です。

自分で見ると、
「全然 笑顔になってない」とか
「姿勢がよくないなぁ」とか
「えー、あのーが多い!」など
気づくことが幾つもあります。

自分の本当の姿、に気づかないと

直しようもない…ということなんです。

えー?自分の姿を録画して見る??
ムリーー!やだー!

なんて思う方…

いつもその姿を他人は見ていますよ( ;∀;)

NHK文化センターの話し方講座は少人数でレッスンしています。

私のオリジナル講座も少人数制のものがあります。
ご案内をお送りしますので下記にご登録くださいね。

:._.::._.::._.::._.::._.::._.:*:
笑顔の話し方講師 太田浩美
セミナーの優先案内はこちら。
https://koenobekoken.jimdo.com/1dayセミナー-特別優先案内/

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

これまでのブログ

PAGE TOP