太田浩美 緊張を克服して自分らしく話そう

話すのが苦手な人は、○○も苦手という事実!

笑顔の話し方講師 太田浩美です。

今日は「話すのが苦手な方は原稿作りも苦手」と言うテーマでブログをお届けします。

「話し方マンツーマンレッスン」を受けてくださっている会社経営者のHさん。

「人前で話すのが苦手」とのことでレッスンに来て下さっています。
現在は「原稿を見ないで話すレッスン」を受講中。

そんなHさんに
「新年度を迎え、社員の前で『新年度の抱負』を話す事を想定して原稿を作って来てください」とお願いをしました。

そして次のレッスンの時にHさんが作ってきた原稿は…

「え?これだけ…??」と思ってしまいました。
ほんの数行の原稿で 声に出して読むと1分程度。

内容はともかく、
「『新年度の抱負』としてはボリュームが少ないのでは?」と感じました。

それに対してHさんは

そうなんですが…言いたいことはこれだけなんです!

 さっさと早く終わらせたいんです。
 長々と話したくない…。

 話す事が苦手だから、そう感じているんですね。
 だから原稿もこんなに短くなっちゃうんですね、きっと

はい。Hさん、その通りです。

 

◆「話す事が苦手」という方の共通点

 

「話す事が苦手」という方のほとんどが「書く事も苦手」のようです。

「原稿を書くのが苦手」
「原稿を考えるのがキライ」

だから、人前で話すための原稿が上手く作れません。
それで人前で話す事がどんどん苦手になってしまうのですね。

 

◆その原稿では…ダメなんです!

 

原稿を書くのが苦手な方は「主語と述語がわかりにくい文章」を書いてしまう傾向があります。

「誰が何をした」と言う日本語の基本を押さえていないので

自分だけがわかっている
聴いている人には伝わらない

と言う文章になっている方が多いのです。

さらに、「主語と述語」がきちんとしていないので自分も話していて「わけがわからなくなる」という状態に陥ります

そのような原稿で練習をしても、「人前でちゃんと話す」ことができません。

みんなに伝わる文章で原稿を書くこと。

自分自身が「何をどの順番で話すのか」を明確にした原稿を作ること。

それができないと

✅人前話そうとすると緊張する
✅原稿を読んでしまう
✅どこを読んでいたのかわからなくなってしまう
✅何の話をしていたのか…頭が真っ白
✅結局、原稿を棒読みで終わってしまう

このような残念な結果に終わってしまいます。

 

◆原稿作りからお手伝いをします

 

オンラインでも受講できる「原稿を見ないで話そう!マンツーマンレッスン」では

実際の原稿を拝見して講師がチェックをします。
必要があれば添削をして

「話せる原稿」が完成するようお手伝いをします。

マンツーマンレッスンを受講するだけでなく
講師の添削が受けられる
フォローをしてもらえる

受講者さんにとって「とても手厚い講座」です。

この原稿があれば人前で話せる!

そんな原稿を一緒に作っていきましょう。
もちろん「伝わる話し方」もレクチャーします。

人前で話す事が苦手だった…
その人生を好転させましょう!

人前で話す事が楽しい!
もっと話をしたい!

前向きになれる話し方講座
「原稿を見ないで話そう!マンツーマンレッスン」

実際に人前で話す予定がある方が受講できる講座です。

動画でもご紹介しています↓

講座の詳細は下記の画像をクリック!

*笑顔の話し方講師 太田浩美の公式LINEアカウント
 新着動画やセミナー情報などを配信中!
 「お友達追加」すると特典動画
 「話を伝える3つのポイント」が見られます

友だち追加

 

*笑顔いっぱいの人生をSNSで発信しています*

*現在募集中のレッスン*

関連記事

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

月別に読む

PAGE TOP