太田浩美 緊張しない方法を身につけて自分らしく話そう

「話し方 が 上手い 人」ってどんな人?

話し方 が 上手い 人

笑顔の話し方講師 太田浩美です。

話し方 が 上手い 人

 

◆話し方の上手さを決めるモノ

 

よく「あの人は話が上手い」とか

「あの人は話が下手だ」などと言いますね。

「話の上手さ」は何を基準に決めているのでしょう。

いろいろ要素はありそうですが

・声
・表情

この2つの要素が特に重要だと思います。

 

◆聞こえないと意味がない


声は、大切です。

そもそも聞こえないと話す意味もありません。

上手い話をする人が
ボソボソと小さく聞こえない声で話すでしょうか?

上手い話をする人は
明るく聞き取りやすい明朗な声で話す
こんなイメージではありませんか?

しっかりした声でハキハキと話す

それだけで「話が上手い人」と認識されます。

声の印象は
「話の上手い」「下手」を決める大事な要素です。

 

 

◆表情を見られている

 

私たちは相手の話を聴く時に話し手の顔を見ています。

堂々とした態度と表情で話せば
説得力が増し
「話が上手いなぁ」と感じます

ところが
目が泳いでいて、ボーっとしていたり
原稿を見てばかりして
聴き手の方を見ていない…など

違和感のある表情で話すと

「話が下手だなぁ」
「伝わらないなぁ」という事になります。

テレビに映し出される政治家さんの話しぶりを拝見していると

「なんだか頼りないな」
「この人で大丈夫かな?」と不信を抱くのは

表情や目線に違和感がある場合です。

「頼りない」「大丈夫かな?」のイメージでは

相手に「話が上手いね」と感じさせることはできません

 

話が上手いかどうかは、

内容よりも、まず「声」「表情」

ここに気をつけることが大事という事ですね。

 

◆あなたの声や表情は大丈夫?

 

自分の声や表情は自分でわかりにくいものです。

「掛川話し方スクール」のマンツーマンレッスンでは

自分の話し方を録画してチェック!

「自分の声がキライなんですぅ~」と言いながらも
みなさん、自分の話す姿をちゃんとチェックしています

何度も繰り返すうちに
「上手い話し方」を身につけていらっしゃいます

マンツーマン講座とグループレッスン
2つの講座で
「話し方 が 上手い 人」になりましょう

 

*笑顔の話し方講師 太田浩美の公式LINEアカウント
 新着動画やセミナー情報などを配信中!
 「お友達追加」すると特典動画
 「話を伝える3つのポイント」が見られます

友だち追加

 

*笑顔いっぱいの人生をSNSで発信しています*

*現在募集中のレッスン*

関連記事

 

掛川話し方スクール
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

月別に読む

PAGE TOP