太田浩美 緊張しない方法を身につけて自分らしく話そう

コロナ禍でも大事にしたい「好印象」

笑顔の話し方講師 太田浩美です。
今日は「好印象」のお話です。

 

◆いつでも好印象を心がける

最近の買い物は、感染症予防のために近場のスーパーで済ませてばかり。
夫とスーパーに行くと、レジでの支払いは夫の担当。
だから、レジの人と言葉を交わす機会がすっかり減ってしまいました。

今日は久しぶりに、少し足を延ばしてショッピングセンターへ。

お菓子のショップでは自分で支払いをしたので
レジの方と言葉を交わすことができました。
と言っても…
レジでの支払いに必要最小限な言葉だけですが…

けれども、そのようなちょっとした場面でも「好印象」を心がけています。

 

◆好印象を作る要素

現在のレジは透明シートで遮られ
お互いにマスクをしているので表情を読み取ることは難しいもの。

このような時に「好印象」を作るのは「声」です。

時節柄、マスクをしていても大きな声は出せません。
そこで、音量は普通にして「朗らかな声」を出すよう心がけています。

朗らかな声を作るのは「笑顔」
マスクの下の表情は「笑顔」にして

「ありがとうございます」と言えばとても朗らかな声が出ます。

透明シートで遮られていてもアイコンタクトをすればさらに「好印象」

レジの方も「嬉しそう」に見受けられました。

 

◆日ごろのちょっとした場面を大事に

 

人前で話す時だけ…
仕事の時だけ…
そんな時だけ感じよくしようと思っても難しいものです。

日ごろから、ちょっとした場面で「自分の印象」を意識して行動することが
大事な場面で印象の良い人となるための要素です。

コロナ禍で、行動が制限されたり、人と言葉を交わす事が減ってしまっています。
そんな時だからこそ、ちょっとした場面を大事にしたいものですね。

*笑顔の話し方講師 太田浩美の公式LINEアカウント
 新着動画やセミナー情報などを配信中!
 「お友達追加」すると特典動画
 「話を伝える3つのポイント」が見られます

友だち追加

 

*笑顔いっぱいの人生をSNSで発信しています*

*現在募集中のレッスン*

関連記事

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

月別に読む

PAGE TOP