太田浩美 緊張しない方法を身につけて自分らしく話そう

コミュニケーション能力をアップさせる楽しいレッスン!5月朗読レッスン会

笑顔の話し方講師 太田浩美です

先日開催された「5月朗読レッスン会」
火曜日コースに参加された方々は、皆さん日曜コースにも参加してくださいました。
人数が揃うと、いろいろなレッスンができて楽しいものです。

感染症予防を徹底して60名入れる会場に10人以下の参加者でソーシャルディスタンスを保って開催しました。

◆良い声を出す必須条件

まずは、みんなで表情筋のトレーニング

良い声を作りたい、良い声で話したいと思ったら「良い表情」が必要です。

最近はマスク着用で、表情筋が固くなってしまっています。
しっかり表情筋をほぐしてからレッスンを始めました。
普段使っていない筋肉を使うと「顔も筋肉痛」になります!

表情筋トレーニングは変な顔になるので、写真は半分だけの披露です(笑)

 

◆発声練習とゲームでコミュニケーション

 

表情筋トレーニングに続いては、腹式呼吸での発声練習と早口言葉

今月は「あ行」の早口言葉に挑戦しました。
「あ行」の早口言葉は、このような内容です!

 

続いて「表現力◆ゲーム」
今月のお題は「もういいよ」
4つのシチュエーションを想定して、どのシチュエーションの「もういいよ」を言っているかを当てるゲームです。

表現力が試されます!

そして、「表現するのは苦手だけど、他の人の気持ちを汲み取るのは得意」という方もいます。

つまり、「聴き力」がある方ですね。

自分は「聴き力」「表現するチカラ」どちらが長けているのかな~?
普段は考える事もない「自分のチカラ」について考える機会にもなるゲームです!
アナウンス学校でも行っているゲームなんですよ!

◆本日の朗読素材①

 

ひとつめは、「サトウハチロー ことばは やさしく 美しく ひびきよく」

短い文章でリズムよく読める短い詩
ふたりずつペアになってパートを分けて読みあいます。

ペアごとに窓や壁に向かって練習。

そしてそれぞれ発表をしていただきました。

 

◆本日の朗読素材②「おてがみ」

 

 

がまくん かえるくんシリーズの中でも人気のある「おてがみ」
小学校2年生の教科書にも出てくるそうです。

以前NHKで放送された朗読ドラマの1シーンを鑑賞した後で
こちらは3人でチームを組んでの練習と発表です。

ナレーター
がまくん
かえるくん

配役も3人で相談していただきました。

「自分の声は、がまくんに合っているから、がまくんをやらせてください」と言っていた方が練習中に仲間から
「すごく良い声だからナレーターをやってはどうですか?」と言われて配役変更したり。

ひとりで読んでいては気づけない事も、チームで読みあう事で気づくことができます。

 

◆人に聞いてもらう事で気づく

そもそも…

自分の声が低いとか
自分の声は暗いとか
おばあさんの役が合っているとか…

それって思い込みのことが多いものです。

ガラリと違うキャラクターを読むことで、自分の殻を破ることもできる…
それが、朗読をグループで学ぶ楽しさと意義に繋がります。

今月はコロナ感染予防の観点から「お茶の時間」は割愛しました。

参加してくださった皆さんからは
・楽しかったです
・仲間がいると良いですね
・また参加したいです

など、嬉しい声を聴かせていただきました。

 

◆来月以降の予定

 

6月の朗読レッスン会は
15日(火)10時30分~12時30分
22日(日)14時~16時

7月の朗読レッスン会は
11日(日)14時~16時
20日(火)10時30分~12時30分

会場は掛川話し方スクール(掛川市下垂木1409)
受講料は5500円
※月謝制なのでこの受講料で同じ月の2回のレッスンが受けられます。

◆ご興味のある方 参加してみたい方はこちら

 

こちらのページに、朗読の健康効果などが書かれています。
ページ末尾にあるお申込みフォームからお気軽にどうぞ

*笑顔の話し方講師 太田浩美の公式LINEアカウント
 新着動画やセミナー情報などを配信中!
 「お友達追加」すると特典動画
 「話を伝える3つのポイント」が見られます

友だち追加

 

*笑顔いっぱいの人生をSNSで発信しています*

*現在募集中のレッスン*

関連記事

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

月別に読む

PAGE TOP