太田浩美の笑顔ブログ

失われた時間が教えてくれるもの

笑顔の話し方講師
笑顔のブライダルMC太田浩美です。

昨日は、披露宴のお仕事でした。
提携先の式場様の中で一番広くて華やかな会場。

この大きな会場でマイクが持てたのは、なんと7ヶ月ぶりなんです。

※お写真は式場様のホームページより

 

春はコロナの拡大で…

新型コロナウイルスの感染が拡大した3月後半以降
披露宴、特に多くのゲストをお招きしての披露宴は
ほとんどが「延期」となりました。

私が20年にわたり心を傾けてきた
大好きな「披露宴の司会」という仕事も
多くが「延期」となり、私のスケジュール帳には
赤いペンで描かれたバツ印が並びました。

 

夏の頃のお話

今年8月に少しコロナ感染者が減り始め
感染拡大の少ない地域のゲストを限定しての
披露宴が行われました。

大切なゲストをお招きする新郎新婦様も
私どもスタッフも万全の対策を施しての開催でした。
無事にお開きを迎え、
「これで披露宴が再開できるのでは…」と期待したのですが
全国的な感染者が増え始め、
また「延期」のバツ印を手帳に書き込む日々。

けれども社会には「新しい生活様式」が定着し
劇場や映画館が再開し
大型イベントも開催されるようになってきました。

一生に一度の結婚式。
みんなに来てもらいたい。
みんなと幸せを分かち合いたい
そのような新郎新婦様のお気持ちは
式場側の努力もあり徐々に叶えられる方向性が見えてきました。

 

そして秋のシーズン

 

そしてやっと昨日、広い会場で
たくさんのゲストに囲まれた幸せな披露宴を担当することができました。

 

お二人を祝福するゲストの皆さまが楽しそうに過ごしていらっしゃる会場を眺めながら
「これが私がずっと観たかった『景色』なんだなぁ〜」と
とても感慨深い思いでした。

新しい生活様式になっても結婚するお二人を祝福する気持ちは変わりません。
「7ヶ月」と言うマイクを持てなかった時間が、
私に新しい感動を与えてくれました。

コロナ感染拡大防止のために、
全スタッフはフェイスシールドとマスクを着用。
私もフェイスシールド2種とマスクを適宜使用しました。

「披露宴にゲストがお越しくださる」という
あたりまえだと思っていたことが、
本当に尊く、かけがえのないことなのだと
あらためて気づかせてもらえた「7ヶ月」と言う時間。

この秋のブライダルシーズン
いつもより少し短くなってしまったシーズンですが
心を込めて取り組んでいこうと
想いを新たにすることができました。

 

ブライダルの仕事の後のお楽しみも復活!

帰宅すると晩ごはんが出来ていて
「お疲れ様」と夫の優しい笑顔で迎えてもらい、
幸せな気持ちを味わう。

なんだか久しぶりみたいで嬉しいです。

*笑顔の話し方講師 太田浩美の公式LINEアカウント
 新着動画やセミナー情報などを配信中!
 「お友達追加」すると特典動画
 「話を伝える3つのポイント」が見られます

友だち追加

 

*笑顔いっぱいの人生をSNSで発信しています*

*現在募集中のレッスン*

関連記事

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

月別に読む

PAGE TOP