太田浩美 緊張しない方法を身につけて自分らしく話そう

敬語の種類を理解して正しく使おう

笑顔の話し方講師 太田浩美です。

先日、企業様への「接客応対研修」では
「敬語」について、あらためて学んでいただきました。

敬語を学ぶ機会

大人になってから「敬語を学ぶ機会」は少ないものです。

学生時代には、敬語を習っても
さほど使う機会はなくて
就職のための面接でも「丁寧語」が適宜使えれば
「だいたい大丈夫」といったところでしょうか。

しかし、社会人になると「丁寧語」だけではなく
「尊敬語」も「謙譲語」も正しく使えないと困ります

けれども、大人になってから敬語を学び直す機会が少ないので

「なんとなく敬語」を使って「良し」としている

そのような方が多いようです。

敬語 の 種類

 

敬語の種類には大きく分けて
「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。

近年は謙譲語の中を2つに分けて「5種類」と細分化されていますが

「接客応対」のマナーに於いては「3種類」を使いこなすことができれば困ることはありません。

しかし、中には
「尊敬語」と「謙譲語」が混同している方もいらっしゃいます。

例えば、「見る」の「尊敬語」が「拝見」だと思ってしまったり

「聞く」の「尊敬語」を「拝聴」だと勘違いしている方です。

研修の中で

「敬語の種類なんて、考えたこともありませんでした」と言う声も聞かれます。

「なんとなく、先輩が使っている言葉を真似しています」と言う方もいらっしゃいます。

けれども「先輩」も間違った敬語を使っていると…

困ってしまいますね。

そのようなことにならないよう

「接客応対」の必須である「敬語」は「マナー研修」に取り入れています。

 

個人でも敬語を学べます

個人的にも学び直したいという方には
マンツーマンでお教えてしています。

きちんとした敬語を自信を持って使えると
印象良く話せます。

敬語レッスンはこちら

https://bekoken.com/keigo/

*笑顔の話し方講師 太田浩美の公式LINEアカウント
 新着動画やセミナー情報などを配信中!
 「お友達追加」すると特典動画
 「話を伝える3つのポイント」が見られます

友だち追加

 

*笑顔いっぱいの人生をSNSで発信しています*

*現在募集中のレッスン*

関連記事

 

掛川話し方スクール
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

月別に読む

PAGE TOP