太田浩美 緊張しない方法を身につけて自分らしく話そう

【生中継で見た!】カッコいいスピーチ!

笑顔の話し方講師 太田浩美です。

今日、偶然目にした「東京五輪聖火レース出発式」の生中継。
とてもカッコいいスピーチに目が留まりました。

 

 

出発式の冒頭でスピーチしていたのは政治家の方々
「大臣」や「知事」などの肩書のある方々でした。

こちらの皆さまは、全員原稿を見ながらスピーチしていました。

「見ながら」と言ってもずっと読んでいるのではなく

原稿に目を落としながらも、周りを見ながらお話をしているご様子。
中には元アナウンサーの方もいらっしゃいましたが、原稿は必須のようでした。

皆さん「話し慣れている」という感じがしたのですが…。「感動」までは感じる事ができませんでした。

 

◆次に登壇なさったのは…

 

政治家の皆さんの後で登場したのは
テレビでもよくお見掛けするタレントさんやアスリートの皆さんでした。

なんと、こちらの皆さんは誰一人として原稿を持っていませんでした。

ご自分の言葉で、ご自分の思いを、しっかりと会場の人々を見ながら
語るように、思いを届けるように、スピーチしていらっしゃいました。

どなたのスピーチもその言葉のひとつひとつに思いが込められているようで、とても感動しました。
とても「カッコいいスピーチ」でした。

きっと多くの方が「こんなスピーチしたい!」って思ったのではないでしょうか!

「やはり『原稿を見ないで話す』と、伝わるスピーチになる!」と実感した瞬間でした。

 

◆「自分の言葉で話したい」

 

話し方マンツーマンレッスンを受講してくださる方の中に
「自分の言葉で話したいんです」とおっしゃる方がいます。

そのお気持ちよくわかります。

原稿をそのまま読んでいると、なんだか違和感がある
自分の言葉じゃない感じがする
これじゃ伝わらない

そう思うんですよね。

でもきっと「原稿」も自分の言葉で書いているはずなのに

 

◆「原稿」があるから?

 

私たちは日ごろの会話では「原稿」を用意しません。

その場、その時に思ったことを話しています。
それが「自然」で「自分の言葉」なんです。

「原稿」を用意し、「原稿」を読んでしまうから
どこか「自分の言葉じゃない」「不自然な感じ」がしてしまうんです。

では「原稿」を作らない方が良いの?

いえいえ「原稿」はとても大切です。絶対に必要です。

けれどもこの「原稿」が実は「クセモノ」

原稿を作って練習しても、
なんだか自分らしくない。

自分の言葉で話している感じがしない…

それは、

「残念な原稿」を作ってしまっているからです。

「間違った原稿」「残念な原稿」でいくら練習をしても「カッコいいスピーチ」にはなりません。

きちんと「話せる原稿」「自分らしい原稿」を作る必要があるのです。

 

◆自分らしく作ろう!

自分らしい原稿ってどうやって作ったら良いの?

これまでに、原稿の作り方・スピーチのしかたを習う機会がなかった方々

どんな原稿を作った良いかわからない方のために

自分らしいカッコいいスピーチをしたい方のために

新しい講座を始めます。

「原稿を見ないで話そう!マンツーマンレッスン」

講師が一緒に原稿のチェックをして話し方をレクチャーします!

この春、人前でカッコよく話したい方限定のレッスンです。

 

*笑顔の話し方講師 太田浩美の公式LINEアカウント
 新着動画やセミナー情報などを配信中!
 「お友達追加」すると特典動画
 「話を伝える3つのポイント」が見られます

友だち追加

 

*笑顔いっぱいの人生をSNSで発信しています*

*現在募集中のレッスン*

関連記事

声のアトリエびこうけん
静岡県掛川市家代の里2-10-3
mail:ekoe@bekoken.com

新着記事

月別に読む

PAGE TOP